遊びが好き

経営コンサルタントとして成功したいなら、ズバリ「遊び好き」であることが重要だろう。

世の中を見渡してみれば、遊び好きな人ほど上手くいっている傾向にある。興味を持って遊べば、様々な情報を収集することができるし、視野・視点を高めることもできる。

自分が遊ぶことで、顧客の視点になることができる。経営コンサルタントは経営を支援する立場にありつつも、支援するときの視点は「顧客」に目が向いていなければならない。

顧客の存在を自らが感じ、その感覚を上手く経営支援に活かしていくことが重要だ。支援をする企業の経営者は、顧客視点が抜けてしまうことが多い。自社のことを真剣に考えるあまり仕方のないことだが、それを経営コンサルタントは顧客の視点を提供しながら、その企業の視点と顧客の視点を融合する必要がある。

「遊びが好き」の続きを読む…

マメな経営コンサルタントが成功する

経営コンサルタントの条件として、「まめである」ということが言える。

女性にモテル人気の男性というのは、たいていマメである。顔もイマイチ、背も高くない、収入もそれほど多くない。でも、世の中にはモテル男性あるいは女性という人々が存在する。あなたの周りにもそのような人はいるだろう。

そういった人たちに共通する要素として、「まめである」ということが挙げられる。実際、マメである人々はモテルことが分かっているし、マメであるということは人の心を捉えるのには必要な条件だ。

経営コンサルタントに限ったことではないが、ビジネスにおいても「マメさ」ということは極めて重要な意味を持つ。コンサルティングの能力、学歴、技術、専門性が売れる・成功するコンサルタントの条件であることも事実であるが、絶対条件ではない。

しかし、「マメさ」は、経営コンサルタントとして成功するためには必須の条件だと言えるだろう。人間とのつながりの中から仕事が発生することを考えれば納得することができるはずだ。

「マメな経営コンサルタントが成功する」の続きを読む…

人が好きか

経営コンサルタントに必要な要素はいくつかあるが、その大前提として「人が好き」でなければ務まらないというのがある。

経営コンサルタントの業務の大半は、人との交わりが前提になる。もちろん、パソコンと向き合って業務を行うことも多いのであるが、常に人との関わりが不可欠である。

時には経営者とかなり親密な関係になることもあるし、社員に対して情熱的に振舞うような必要性もある。いずれにしても、最初と最後は人と接することが必要であり、その意味で人が好きでなければ経営コンサルタントを続けるのは難しい。

人が好きであるということは、人との繋がりを重視するということでもあり、これが経営コンサルタントにとっての営業活動そのものである。

経営コンサルトへの業務依頼は、人とのつながりから発生するものも非常に多いのである。

「人が好きか」の続きを読む…