経営コンサルタント会社は営業力で出世する

コンサルタントとして能力を高め、クライアントの売上増加や業務改善に貢献していく。まさに、経営コンサルタントとしての業務である。

一方、経営コンサルタント会社やファーム、事務所などで勤務している経営コンサルタントにとって、どのように自分が評価されるのかということは非常に気になるところでもある。

実態としては、経営コンサルタントとしてコンサルティング能力に優れていれば出世することができるということではない。基本的に、コンサルティング能力というのは、あくまで顧客を集めてくる手段であったり、顧客の継続率(顧問契約など)を上げるための要素に過ぎない。

つまり、コンサルティング会社で出世することができるかどうかは、「契約を取ってくる」ことが全てであって、それ以外はあまり関係のない世界なのである。

要するに、「営業能力のある経営コンサルタントが出世する」世界である。

なので、契約を取れるかどうかが重要であって、コンサルティングに成功するかどうかもあまり関係ない(成功報酬型の場合はこの限りではないが、そういった契約形態はあまりないだろう)。

もちろん、コンサルティング能力がなければ契約は取れないということであれば、コンサルティング能力は必須となるが、コンサルティング会社では営業専門の社員も多数活躍している。

この営業専門社員であっても、優秀であれば(すなわち営業力があって契約をたくさん取れれば)出世の道は開ける。

売ることが求めれる世界なのだ。

というと、営業能力がないと経営コンサルタントしてやっていけないのか、ということになるが、基本的には厳しいというのが現状である。

勤務経営コンサルタント、独立経営コンサルタントともに、営業力がなければ生き残りは厳しいというのは実態である。

是非、あなたも経営コンサルタントになる前に営業力を磨いておくことをオススメする。本当に経営コンサルタントの世界は自分をどう売るのか、によって勝負が決まるのだから。

コメントを残す