出版経験のない経営コンサルタントが本を出す方法

経営コンサルタントとして成功するためには、経験や信頼、様々なもの要素があるといわれている。

そういった経験者や信頼というのは、自分の努力次第でなんとかなるといえばなんとかなるものだ。つまり、自らの意思でどうにでもなるのである。

一方、そういった努力の甲斐あって、あなたが経営コンサルタントとして専門性や経験を積んだとする。それで、経営コンサルタントとして活躍することができるか?答えは、Noである。なぜならば、結局は「自分を売り込む」ことができなければ仕事の依頼がない。

経営コンサルタントして優秀かどうかは、その経営コンサルタントが経験を積んでいるか、頭が良いか、人気があるかという基準ではない。顧客がたくさんいる経営コンサルタントが結果として優秀なのである。

経営コンサルタントの世界は、結論的な事実でしか成功の判断はできない。仮に、専門性や経験が少なくても、結果的に顧客から支持されていればそれは成功している経営コンサルタントということができる。

そのための最も近道が「本を出すこと」である。つまり、出版である。

出版のインパクトは極めて大きい。日本人にとって本を出版しているという事実は、「信頼」として受け入れられることになる。たった1冊の出版がその経営コンサルタントの人生を大きく変えることは決して珍しい話ではない。

そうだとすると、自分でも出版したい!ということになるのだが、実際にはどうやって出版すれば良いのかという方法は誰も教えてくれないのが現実である。 つまり、経営コンサルタントして出版を希望したとしても、運に任せるか、あるいは強力なコネが必要となるというのが現状だ。しかし、そんなコネは普通であれば持っているはずもない。

そこで、商業出版を行う際に、どういったことを行えば良いのかということであるが、参考になるアニュアルがあるので、是非、今のうちに入手しておくと良いと思う。

今はまだそこまで考えいないとしても、経営コンサルタントとして活躍を考えているいるのであれば、遅かれ早かれいつかは通るべき道である。

こういったノウハウはあまり教えてくれる人がいないのが現状で、なぜならば経営コンサルタントのほとんどは運によって出版に至っているのが現状であるためである。

しかし、戦略的に出版が可能であるとしたら、あなたは自分の好きなタイミングで本を出版することが可能になるのだ。

このマニュアルの詳細は、以下をクリックすると見ることができる。
パーフェクト出版マニュアル「こうすればあなたにも本が出せます」- 経験なし、コネなしからの商業出版への近道

可能であれば、経営コンサルタントして活躍する前から出版の準備をしておくと良いだろう。出版することが決まったとすると、今度は執筆に追われることになる。

毎日パソコンと向き合う生活が長く続くのは、ある程度まとまった時間がないと難しいし、精神的にも肉体的にもハードな仕事である。執筆というのは思いのほか大変であるから、早めの準備が肝要であるといえる。

是非、あなたも出版をして経営コンサルタントとして知名度をどんどん広げて欲しい。

コメントを残す