意外と高報酬の研修講師

経営コンサルタントの大きな業務として、「話す」というものがある。ここで言う話すとは、ある程度まとまった人数の前で「話す」ということであり、具体的には講演や研修・セミナーなどのことである。

講演とは、経営コンサルタントの持つ専門性を活かした話をするのが基本となる。テーマありきで先方から依頼される場合もあれば、自分から講演テーマを決めて、各団体に提案することもできる。講演で成功するためには、まずは実績作りが非常に重要である。

どこどこで講演を行ったという実績があれば、依頼する側も安心して依頼することができる。経営コンサルタントを講師として呼んだのは良いが、話が単調で眠くなったり、あるいは全く見当外れの内容だったという経験を依頼者は少なからず持っているものだ。

そのため、講師を招聘する場合には慎重にならざるを得ない。その時に参考にするのが、過去の講演実績である。実際に聴講して依頼するというのは難しいのが現状であるが、過去にたくさんの講演実績があれば「それほど酷くはないだろう」という心理が働く。そのため、講演で稼ぐためには、まずはいろいろなところで講演を行うことがポイントになる。この講演実績は将来にわたって役立つものである。

ただし、l講演はそれほど大きな収入にはならないことが多い。団体によっても金額は異なるが、時間単価はおよそ10万円が相場だろう。安い場合には、時間あたり3万円と言う場合も少なくない。

2時間の講演で20万円と言うのは悪くないような気もするが、基本的に2時間の講演を行うためには1日はほぼ拘束されると考えてよい。それが遠方であれば、場合によっては後泊などの必要性も高く、レジュメ作成の準備時間などを考慮すればそれほど割りの良い仕事ではない。

一方、研修は比較的報酬額が高い。1日あたり、40万円程度が相場であり、安くても20万円程度の報酬となる。もちろん、実質的な稼働時間は6時間程度と長いが、2時間ても6時間でもそれほど大差はないというのが現状だ。

しかも、研修講師の場合にはリピートが多く見込める。もちろん、先方に気に行ってもらうことが前提になるが、研修でそれほど大きな失敗はない。そもそも、それほど頻繁に研修を行っている企業では講師を入れ替える習性があり、狙い目はあまり研修を行ったことがない企業である。これらの企業は、研修慣れしていないために、多くの場合は無難に研修をこなせば高い評価を受ける。

実際に、研修が好評で、毎月1回の研修講師を依頼されたとすれば、40万円×12ヶ月の報酬だ。レジュメの準備に時間は掛かるが、印刷費用等は依頼者持ち。原価はほとんど掛からない。

しかも、これらのレジュメはどんどん溜まっていくことによって、自分の財産となる。次回、同じような研修が入ればそのレジュメを使い回せば、準備時間はほとんどゼロである。

研修講師だけを行っているという経営コンサルタントは少ないと思うが、安定した報酬と言う意味では月間で数件はこなしておくと良いだろう。

1件のコメント

  • たいへん勉強になりますし、共感する事ばかりです。研修講師が最近は楽しくなってきました!

コメントを残す