説得力を持つために

経営と言うものは本当に難しいものだ。それは、経営コンサルタントも重々承知しているわけであるが、その思いとは裏腹に、「経営コンサルタントは適当なことを言う」と一部の反コンサルタント派は言うようだ。

もちろん、経営コンサルタントという職業は、その時々に限りなくグレーな存在になる時もある。全てのクライアントが経営コンサルタントを受け入れると言うことがないのも事実だろう。

一方で、別に軽い発言ではないにしても、クライアントあるいは第三者からそのように思われてしまうというのは非常に残念なことである。

そこで、自分の発言力を高める、すなわち自分の意見に「説得力」を持たせるためにはどうすれば良いのか。若手の経営コンサルタントでも、発言に説得力をもたせる方法が実は存在する。

それは、自分で会社を経営することだ。

会社と言っても、経営コンサルタント会社でよい。経営コンサルタントは、多くの場合、個人事業主として活躍していることが一般的である。

しかし、法人組織を経営・運営しているとなると、途端にその発言内容に説得力が出てくるものだ。

「私も会社を経営していますが」

「私の社員も御社と同じように」

など、経営者と同じ目線で話をすることができる。これは、思った以上に高い効果を得ることができる。

経営者は、経営の苦しみは他の人間には分からないだろうと思っている。しかし、経営コンサルタントも実際に自分で会社を経営しているとなれば、「同類」と言う形で見るようになる。

会社法の改正により、株式会社も少ない資本金で会社を設立することが可能になった。あなたも経営コンサルタントとして活躍するのであれば、個人事業主ではなく、腰を据えて活動するためにも法人を設立してはどうだろうか。

コメントを残す