バランスを取る力

経営コンサルタントは多忙だ。しかし、仕事を断るのが難しいというのも事実。だからこそ、バランスを取ろう

経営コンサルタントは様々な業務を並行して進めていくことが要求される。1週間のスケジュールを見ても、クライアントへの支援であれば、1社と言うことはなく、数社への業務が混在し、さらに、講演や研修などの業務が入る。

もちろん、コンサルティングだけに特化している経営コンサルタントは講演や研修はほとんど入らないが、それでも頼まれれば嫌とも言えない。同様に、講演や研修を主要な業務としている経営コンサルタントにも、講演や研修を通してコンサルティングの依頼が入ることは少なくない。

特に、講演や研修を専門に行っている経営コンサルタントの場合、スケジュールは半年先まで埋まっているのが通常だ。中には、1年先までびっしりと言うコンサルタントも多い。

スケジュールは先に入ったものが「絶対」である。特に、講演や研修と言うのは、自分の都合でスケジュールを変更することはご法度。しかし、世の中上手くできているもので、スケジュールが埋まっているときほど、さらに仕事が舞い込む。しかも、先に入っている予定よりも良い案件(自分にとって都合の良い案件。例えば、謝金の金額が大きいなど)が入るものだ。このスパイラルに入ると、ひたすら忙しい日々に突入する。

逆に、暇なときはかなり暇になるもの。と言うよりも、暇になってしまうと、一向に仕事が入らなくなる。これを、負のスパイラルとするならば、意外とこういった状況に陥っている経営コンサルタントは多い。

一時期流行った、勝ち組と負け組みである。

経営コンサルタント業と言うのは、業務バランスが偏ることが多い。そのバランスを上手く取りながら業務を進めていくことが重要だ。

スケジュール管理と言うのは、簡単そうで難しい。特に、講演依頼などは相手から日時を指定されるため、受ける側の方は待ちのスケジュールとなる。ある程度これは仕方がない部分があるため、経営コンサルティングなどの日程を上手く調整するしかない。

講演などは遠方から呼ばれることも多く、この場合は移動で前後の日が潰れることも少なくない。そういった点も考慮したスケジュール組が必要だ。

特に、スケジュール管理が甘い人は、業務が途中で破綻する可能性がある。経営コンサルタントは時間を守り、納期を守ることが重要だ。もちろん、これは経営コンサルタントに限った話ではないものの、経営コンサルタントは提供するサービスの性質上、納期厳守は絶対となる。講演や研修で遅刻などしようものなら、一気に信用を失う。あなたが来ることを期待して、遠くから集まってくる参加者も多いのだから。

手帳を常備して、しっかりと無理ないスケジュールを組むようにしたい。息抜きも重要な要素だから、仕事をひたすら組み入れるのではなく、空きスケジュールを確保することも重要だ。何事もバランスである。

バランスを取るというのは、肉体労働的な業務が中心となる経営コンサルタントにとっては非常に重要な要素なのである。

コメントを残す